So-net無料ブログ作成
検索選択

壁画 岡本太郎画伯 [独り言]

今年の1月、東京の知人宅を泊まりで訪れた。その日の翌日、朝から大雪が降った。帰りに吉祥寺から井の頭線に乗って渋谷駅にたどり着いた。マークシティビルで買い物をしてJR渋谷駅へのコンコースで岡本太郎画伯の壁画を久し振りに見た。大きな壁画で24mmの広角レンズでも全体は写せない。反対側にスロープ状の通路があって、わざわざそこへ行き、しばらく眺めていた。

P1130026渋谷.jpg
渋谷のコンコースにて、全体画ではないので作品「明日の神話」に対して失礼なのだろう....。

P2108588並木幼稚園.jpg
住まい近くのお散歩道にある並木幼稚園の建物にモザイクのタイルでの壁画、1980年幼稚園創設時の作品「海辺の太陽」、園児達はこの絵画を見てどう思うのだろう?そしてどの様な影響を受けるのだろう?知りたいものだ。

参考URL: http://inax.lixil.co.jp/company/news/2009/090_company_0908_470.html

ボクはどうもピカソなどの抽象画はどうしても理解する事が出来ない。もともと牧進画伯や犬塚勉画伯などの日本画や写実的な絵画を見てきたからなのだろう。何時だったか、NHK-TVで諏訪敦さんと云う写実画家の依頼された絵画を作成する過程を「記憶に辿りつく絵画」として放送していたが、長い時間をかけて取材をし、その内面を抉る様に表現する様には圧倒された。

参考URL - 記憶に辿りつく絵画 ~亡き人を描く画家~: http://www.nhk.or.jp/nichibi/weekly/2011/0626/index.html

ただ、岡本太郎画伯は「芸術は爆発だ!」と、ユニークで眼光鋭くカッと見開いて物事を見る姿勢に共感を覚えた事がある。

もう少し暖かくなったら友人達と千葉にある写実絵画専門美術館のホキ美術館にでも行って楽しいんで来たい。

nice!(4)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 4

コメント 3

鋭理庵

*tochiさん、nice!ありがとうございます。
*なんだかなぁ横濱男さん、nice!ありがとうございます。
*うたぞーさん、nice!ありがとうございます。
by 鋭理庵 (2013-02-21 01:57) 

しーちゃん

岡本太郎の絵、若い頃は「なんだこの絵」って思ってたのですが、最近、
なんかこのパワーはやっぱりすごいのではないかと見直してきたところです。
ホキ美術館は私もいつか行って見たいと思っています。
by しーちゃん (2013-02-25 02:00) 

鋭理庵

しーちゃんさん、nice!とコメントありがとうございます。そして天真爛漫な人だったのでしょうね、岡本太郎画伯は.....。
by 鋭理庵 (2013-02-26 03:14) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。