So-net無料ブログ作成
検索選択

奥秩父ドライブ - 三峰神社 [ドライブ]

まだ暑さが残っている9月の初旬に林道ドライブに出掛けた。前日の深夜、横浜を出発した。原則、有料道路は使わないことにしている。国道16号をひたすら走り、埼玉県入間市から国道299号、西武秩父線と並行してすいている道路をスイスイと走る、昼間なら景色は綺麗だろうが、渋滞にもなりそうだ。秩父から国道140号、彩甲斐街道と云うらしい、を深夜と云うか丑三つ時に道の駅大滝温泉に到着。他に1台大きなバンが止まっていたが、そこで仮眠をする。この道の駅はトイレがシャワレットなのでボクには大助かりだ。それに綺麗に清掃が行き届いていて、お掃除の方に感謝、感謝。道の駅のトイレは全てこうありたいものだ、利用者のマナーの向上と共に......。

am3:00頃だと思うがなんとなく空が少し明るくなったので三峰神社に向かった。今は、スマホのGoogle Mapでカーナビ機能がついているので道路が暗くても音声でガイドしてくれるので助かる、便利になったものだ。三峰神社の入り口、三連の変わった鳥居に到着、そこでストロボで写真を撮った。暗い中、山門までの敷石を行ったり来たりした(それにしても物好きも居たものだと我ながら呆れる)。もう少し明るくなるまでそこで待機。

白々と朝がやって来た、結構厳かな雰囲気が漂っている、広い境内にはもちろん自分だけしかいない、そのうちam5:00ちょっと前に神社の住職の方が本殿内部に明かりを点けお参りの方が参拝出来るように準備を整えている、早朝からご苦労様です。ボクは毎日の早朝散歩で住まい近くの富岡八幡宮で参拝し¥5を賽銭箱に入れる。三峰神社がいくら立派でもやはり同額の¥5のお賽銭にした。それにしても立派な手水舎には驚いた。そうこうしている内に何やら仏ガールとでも云うのか3人連れの若い女性が参拝に見えたのには又驚いた。境内の駐車場にはボクの軽自動車スバル・プレオと日産のエルグランド、車の格が違うなぁ~。境内から見える秩父の山々は雲海に囲まれて幽玄な雰囲気を醸し出している。三峰神社の本殿は彫刻がなされ、彩色されているが日光の東照宮の様にケバケバしてなく厳かな雰囲気を壊さない彩色で奥深い感じを持った。

三峰神社をあとにして久し振りに林道のロングドライブ、中津川林道に挑戦!何とか切り抜けたが軽自動車の前輪駆動だけでは無謀だったと後悔している、ホイールキャップは破損するし、タイヤは外側にはゴロ太石の傷がつくし散々な目にあった。やはりダートの林道は4WDで走るべきだと実感した、そして当分の間、年甲斐もない林道ドライブは止めにしようと思った。長野を経て山梨の一宮御坂近くにある日帰り温泉ももの里で休憩した。

夕方まで休憩して国道20号甲州街道で一路横浜まで直行。帰宅時間はpm11:30を回っていた。さすがに疲れて翌朝まで爆睡してしまった。いつもは夜中に4・5回トイレに起きるのだが......。

1P9026405鳥居.jpg
まだ暗いうちに三峰神社を訪れる。三連の鳥居は初めてだ。

2P9026444山門.jpg
三峰神社山門、結構立派なものである。

3P9026420.jpg
凜とした佇まい、参拝するのには良い雰囲気だ。

4P9026427本殿.jpg
三峰神社本殿、どっしりとした由緒ある立派な本殿だ。

4cP9026437本殿彫刻.jpg
本殿の彫刻、これも立派だ。

4bP9026423手水舎.jpg
境内にある手水舎、これも立派だ。彫刻がなされている手水舎は珍しい。

5P9026426ご神木.jpg
境内にあるご神木、これは本当に立派だ。

7P9026452雲海.jpg
境内は少し高い所にあって見晴らしが効く、雲海が漂っている。

6P9026466青空.jpg
中津川林道に向かう頃は天気も快晴になってきた。

今回の奥秩父ドライブでの教訓は、今後林道ドライブには行かない事。軽自動車のスバル・プレオも累計走行距離が240,000kmを超えた。ボク同様にご老体である。労り乍ら乗ってあげようと真面に思った。



タグ:林道 神社 雲海
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る