So-net無料ブログ作成
検索選択

近所の散歩 いつものお散歩コース [散歩]

何だか春めいて来た。朝カーテンを開ける時、ガラスの戸越しに見える景色が毎日同じなのに何か空気感が違う。食事の支度はボクの担当、昨晩の鍋料理(豚の三枚肉とキャベツ)の残り汁があったのでご飯を入れてオジヤ風にして鱈腹食べた。血糖値を下げる意味で食事の後の運動は医者の勧めもあって実行しているが、今朝は意識して腹ごなしの為に散歩に出た。

決まったコースを双眼鏡と野鳥のエサ(主にトーストの耳を細かくしたもの)を持って.....。今朝は前日の雨上がりのせいか空気が何となくしっとりしている。気温もさほど寒くなく散歩にはもってこいの、実に気持ちの良い感触を身体からヒシヒシと感じた。将に散歩冥利に尽きるなぁ~、と云う感じである。

P2274822紅梅.jpg
いつもの梅林入り口近辺の紅梅

P2274827梅林.jpg
梅林、梅も満開を過ぎて散っているのもある

P2274839梅林2.jpg
梅林、散歩みちを逆方向から撮って見た

P2274830ボケ.jpg
上の咲いている梅に気をたられていたら、低木のボケも咲き始めていた

P2274831椿.jpg
椿だか山茶花だか?この花は傷みやすいので咲き始めの新鮮なものはなかなか巡り会えない

P2274834紅椿.jpg
紅椿とでも云っておこうう、赤一色の....、この花達は葉っぱも傷みやすい(虫に食べられ易い)が綺麗なものをなかなか見つけるのは難しい

家での料理がすっかり趣味になってしまったが、三度の食事のメニューを考えるのも、最初は面倒くさいと思っていたが、近頃は楽しい。あり合わせの材料で如何に工夫して美味しく食べられる様に考える事がボクの一番の趣味になってしまった。医食同源、なんて良い言葉なのだろう!



近所の散歩 いつものお散歩コース [散歩]

季節の変わり目は寒暖の差が激しい。散歩していても汗ばむ時もあれば、寒くてレッグウオーマーを付けてくれば良かったかなと思う時も、チョッキを着てくれば、などと住まいを出る時の状況と戸外での状況がなかなか一致しない、と云うか判らない。寒く感じても2・30分歩けば身体が暖まり、散歩全開の状態になる。いわゆるエンジンが暖まったと云う状態になると履きなれた靴のクッションを楽しみながらリズムよく歩く。まもなく見慣れた鎮守の杜、この場合は森の字が合うかな? 横浜エビス様、富岡八幡宮が鎮座している小山が船溜まりの池越しに見える.....。いつも感じるのだが、ここはボクにとっては何んだかホッとする空間なのだ。だから毎日来てお詣りする。

P2194776鎮守の森.jpg

その八幡宮の鳥居で毎日頭を下げ、そして参道の階段を登り本殿で二拝ニ拍手一拝、こうして続けているとこれをしないと何か落ち着かないし食事も美味しくない。

P2194780鳥居.jpg

散歩の途中で幾つかの公園があり横浜市が設置しているのだろうが、幼児用の遊具がある。カラフルで楽しいデザインのものが沢山ある。自分の子供の頃と比較するのも何だけれど、石蹴りとか、缶けりの遊びの記憶だけで遊具での記憶は無い。

P2194774遊具1.jpg

P2194800遊具.jpg

帰り道で近くの大型スーパーでのポスター、前から言葉とデザインが気に入っていたので紹介するけれども、
『ヒカエメクウチョウ』と云う文句で鳥のデザイン、即ち「当店は控え目の空調にしています」。ユーモアのセンスに溢れているので感心している。

P21948072空調.jpg

そして住まい近くの道端に梅だか桜だか綺麗な色で開花している低木の樹、きょうも散歩は楽しかった!

P2194808梅?.jpg

今年に入って昔、勤務していた会社の仕事上の先輩に久し振りに連絡をとったら奥方が電話に出て本人は電話で話が出来る状態ではない、持病の肝臓が悪化して、さらに認知症を併発しているとの事。たしか5歳程年上だと思っていたが、趣味も音楽鑑賞などでボクと共通な点もあり、5・6年前に関西、九州のドライブ旅行も一緒にした仲なのに。自分もあと5年もすれば電話に出れないほどになってしまうのか?怖い年齢の域にいよいよ入って来たのかなぁ~と実感する。
タグ:富岡八幡宮

お墓参り [独り言]

2月21日は平成18年93歳で亡くなった母の命日、毎年この寒い時期に墓参りに行くが、不思議とその日は小春日和の様な晴れの日が多い。最近、温泉大好き人間のボクも先月の熱川温泉からはご無沙汰しているので、どこかお墓参りの高尾墓苑の近くにないかなぁ?とマップル地図で探すと相模原市緑区に(薬膳うどんなど体にいい食事も出来る)と云うコメントの「ふじの温泉 東尾垂の湯」が目に入った。

よし墓参りをしながら、温泉に入りながら、子供達の家に寄りながら、高尾、相模原緑区、愛甲郡、大船神奈川県を輪を描くように一回りのドライブになるが出掛けた。 今年は家の者が文旦(ボンタン)と云う大きなかんきつ類を頂いたので、それの皮で3・4日掛けて砂糖をまぶしたピールと云うお菓子の様なものをこしらえたので愛甲郡と大船に住んでいる子供達に配り、なんと愛車のスバルプレオ軽自動車のこの日の走行距離は212.4kmだった、そして累計走行距離は231,745kmになり、ボクと同じ様に大分くたびれて来た。

P2214811墓前.jpg
母さん、今年も来ました、もうすぐ一緒に入るからね!

近所の散歩 白梅・紅梅 [散歩]

散歩をしていて思うのは、いつものコースは結構変化に富んでいて飽きない。川沿い、舟溜まり、運動公園などの脇に散歩が出来るように横浜市緑政局によって整備されている。このところ気温が低く、散歩していても身がキリリと引き締まる感じだ。住まいから歩いて30分ほどで小さな梅林がある、そこには紅梅が二本であとの数十本は白梅。今、ようやっと盛んに咲いている。この前まではチラホラだったのだが、この寒さが増しているのに時期になったら気温には左右されないで開花するのだろう。

P2130011梅林.jpg
お気に入りの散歩道、ここは梅林になっている。

P2130018紅梅.jpg
梅林の入り口近くに紅梅がある。冬場のモノトーンの世界にピンクは映える。

P2130027梅裏.jpg
太陽を背に白梅は元気だ!

P2130051白梅.jpg
次々に咲く白梅

P2130072水仙.jpg
あまり陽の当らないところの水仙も元気だ!

よれよれの歳になってしもうた老爺も、こうして散歩道の植物達に元気を貰っている。なんとかこのパワーを持続して2月を乗り切り、暖かな3月を迎え、大昔の学友達と伊豆の熱川温泉にでも繰り出したいなぁ~。

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。