So-net無料ブログ作成
検索選択

近所の散歩 アジサイの花 [花]

もう2013年も半分を過ぎてしまった。今日から後半の半分が始まる。月日の経つのは、この歳になるとすごく早いものである。五月頃から咲き始めていたアジサイも終わりに近づいている。散歩の途中で撮っておいたものを載せて見よう。

そうそう、林芙美子?の「花の命は短くて、楽しき事のみ、多かりき」って本当だなぁ~と思う今日この頃である。昆虫や動物達の注意を惹き付ける色彩や薫り、蜜を出して蜂やアブ、鳥たちに受粉の仕事をさせ自分は動かずに遠方の花の精を受け取り、実を付けそして子孫を残す。

だいたい過去の事って、楽しい事しか思い出せないからね!その時は苦しい事だったかも知れないが、時が経つと意外と和らぎ、むしろ楽しかった様にさえ思える自分は楽天家なのかなぁ~、それとも痴呆症なのか?

P6030015青アジサイ.jpg
青アジサイ

P6030025ピンク.jpg
ピンクのアジサイ

P6030026白アジサイ.jpg
白のアジサイ

P6030035額アジサイ.jpg
額アジサイ

P6229812額アジサイ白.jpg
山アジサイ?


散歩・4月17日 横浜公園 [花]

前回のブログで横浜・関内駅で下車して目的の神奈川県民ホールへ行く途中に横浜公園があった。そこでチューリップ祭りが行われていて15万本もの花が植えられているとのこと。普段はあまりにもポピュラーなお花のチューリップ、ただ咲いてるなぁ、ぐらいにしか思わないけれども、これだけ集まると見応えがある。

マニュアルフォーカスの古いレンズ、Pen-F 38mm/F1.8 をテストの意味でクローズアップで写真を撮ろうと思ったがピントを確認する液晶画面がハッキリ見えない。仕方なくオートフォーカスのレンズに代えてチューリップを撮って見た。

最初の横浜公園、池の写真、撮影データによればシャッターは1/1000秒。ピントが合っていない。カメラの液晶画面を見てピントを確認するのだけれど、結局、目から3・40cmの距離に焦点が合う、即ち新聞を読むのに調整した今の眼鏡では出来ない事が分かった。早速、新しく二重焦点のニコンレンズで目から20cmの距離で焦点が合う眼鏡を調整して来たが出来上がるまで10日かかる。何も、こうまでしてマニュアルフォーカスのレンズを使わなくても良いのにと思ったが、フィルムカメラの時のように、最近ある人のフィルム写真集を見てから、一枚一枚、自分で絞りを決めて、丁寧に写真を撮りたいと思うようになった。

それぞれのチューリップに種類の名があったが、自分にゆとりがないせいか、メモ出来なかった。

P4171チューリップ公園.jpg
横浜公園、写真のピントが合っていない。これでは駄目だ!

P4172チューリップi全体.jpg
このように、沢山のチューリップが植えられていた

P4173チューリップeR.jpg
チューリップA (AF)

P4174チューリップgPWb.jpg
チューリップB (AF)

P4175チューリップaP.jpg
チューリップC (AF)

P4176チューリップdPY.jpg
チューリップD (AF)

P4177チューリップhY.jpg
チューリップE (MF)

P4178チューリップbY.jpg
チューリップF (AF)

P4179チューリップeRYK.jpg
チューリップG (MF)、これとチューリップEのみ、マニュアルフォーカス レンズで...、たまたまピントが合っていた

SAKURA 2 [花]

この寒さには桜の花達は驚いているのに違いない。この1ヶ月ぐらいは、雨でも降らないかぎり散歩に出ているが、一度脱いだウインドブレーカーを再び着だした。このブログ、SAKURA のタイトルで載せたのは3月15日。かれこれ半月になるが、桜の体内時計は開花にスイッチが入り、枝に花を咲かせ始めている。

桜の太い幹からいきなり咲こうとしている小桜達を撮ってみた。枝と幹とを間違えて「俺にも咲かせろ!」「私にも咲かせて!」と...。私は云いたい「君、咲き急ぐなかれ!」と...。桜と云えば私の年代はどうしても想い出す...、「散る桜、残る桜も 散る桜」。そして、「君、散り賜うなかれ!」「君、死に賜うなかれ!」...、と。

そうだ、明日3月30日、時間があったら靖国神社にも寄ってみよう。

1P328e.jpg
咲いてもいいのかな?

2P328b.jpg
老木から「寒いけど、コンニチハ」

3P328c.jpg
「咲いても良いんでしょ..」

4P328d.jpg
「みんな、寒いわねェ~!」

5P328f.jpg
「みんな、我慢我慢!」

6P328a.jpg
「寒いけど、顔を上に向けて...」

7P328g.jpg
「でも寒いや...」

関連ブログ - SAKURA: http://kaorun2480.blog.so-net.ne.jp/2010-03-15




SAKURA [花]

この連日の暖かさで桜の蕾も大分膨らんで来た。先日も取り上げた住まい近くのヒトエニワザクラも花が咲き乱れて来た。この桜の枝ぶりが判るので写真を再び載せて見よう。
名前の通り庭木なので背丈が1.5m程しかならない、可愛らしい桜だ。

近くの長浜公園、散歩の途中にあるヨコハマヒザクラ(横浜緋桜)は、私の知る限りでは4本ある。その内の一本の蕾の膨らみ具合を本日撮ったので載せて見よう。
この桜はオオシマザクラやソメイヨシノなどより少し早めに咲き、ピンクの色も濃いので印象が深いのだろう。

若かりし頃、東京・皇居の側、千鳥ヶ淵の桜が素晴らしかったのを想い出した。勤め先が近かったので、昼休みの時間に観に行ったものだ。今年は是非、満開の頃訪れてみたい、当時のほろ苦い想い出が蘇るけれども.......。

P315ヒトエニワザクラ.jpg
ヒトエニワザクラ、細い枝が四方八方に伸びて沢山の花を咲かせる

参照URL: http://www.weblio.jp/content/%E5%BA%AD%E6%A1%9C

P315横浜緋桜.jpg
ヨコハマヒザクラ、蕾からピンクの色が濃いのが分かる

参照URL: http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/BotanicalGarden/HTMLs/yokohama-hizakura.html

三浦半島の河津桜 [花]

毎年、二月には伊豆半島の河津桜を観に行っていた。熱川温泉に寄りながら、河津桜を観て、南伊豆へのコースがお決まりだったが、今年は三女の結婚式があり、遠出は避けていた。

次女が今年の一月に京浜急行の終点、三崎口に近い所へ引越しをした。なにやらひとつ手前の三浦海岸駅の近くに河津桜が観れるところがあると、家の者が十年以上も前に友人達と散歩に行った事があると言い出した。TVのニュースでもその河津桜が満開と報道していたので、2月25日、この辺りでは珍しい霧がでてその未だ晴れぬ内に、住まいを出た。次女宅に寄り、道案内をしてもらい、その河津桜の咲いている所に行ってみたが、思っていたより桜の樹が多く、沢山の観光客で賑わっていた。

近くに小松ヶ池公園と云う所があり、比較的手付かずの状態の、昔の樹木をそのままにしてあるような、私好みの公園である。農業用水の池がある湿地帯でもあるので、ぬかるみがちな散歩道はしっかり整備してありメリハリのある三浦市の管理に感心する(住まいの近くの公園はすぐ樹木に手を加え、剪定をして管理しているが、横浜市は赤字な筈なのに無駄な予算を使っているのでは?とも思える)。

伊豆半島の河津桜は河津川沿いに咲いているが、三浦半島の河津桜は京浜急行の線路沿いに咲いている。そして線路を越えて小松ヶ池公園にも河津桜がある。報道によれば伊豆半島の河津桜は約800本、三浦半島のは約1000本、本家より多いそうです。

P河津桜三浦.jpg
大好きな電車が桜並木の脇を疾走する。鉄オジとしては堪えられない光景

P菜の花.jpg
河津桜は菜の花とセットだ!伊豆半島でもそうだった

P河津桜菜の花.jpg
河津桜の枝振りも良い、住まい近くの大島桜の老木と比べると見劣りするけれども...。後、10年もすれば立派な樹になっているだろう、それ迄、生きながらえたいものである

P小松ヶ池公園.jpg
小松ヶ池公園の桜並木、右下の遠方に見える。他の樹木が葉を付けたら再び訪れたい公園である

P手付かずの公園.jpg
小松ヶ池公園の中にあるぶっとい樹が桜並木の視界を遮る



早春の黄色い花 [花]

暖かな日にはなるべく散歩に出るようにしている。昨日も、うす曇のような晴れの日で、風がなかったので比較的暖かだった。

近くの税務事務所は長蛇の列で、車で来る人も駐車場に入りきれず、道路の左側に、これも並んでいる。自分は「eTAX」とかのキャンペーンで国税庁のホームページから所定のホームにインプットしてからプリントして、1月22日に提出したので、医療費の関係から、少額ながらも所得税の還付を受ける事になり、先日還付金の振込み案内の葉書が届いた。以外に早い役所の処理に驚いている。

その税務事務所の真向かいにある長浜公園に、オレンジ色のマンサクが咲いていた。一番先に春を告げる花が咲く樹である。その近くにサンシュユと云う樹にも黄色い花を、未だ3分咲きぐらいで、これは後日写真に撮って、このページに追加してみよう。ユキヤナギも一輪だけ花を咲かせていた。

2月19日に、海際の散歩コースを歩いていたら、大きな樹に黄色の小さなボンボリのような花を沢山つけて、フサアカシア(別名:ミモザ)が咲いていた。菜の花と云い、どうも黄色い系統の花を咲かせる樹木が、この時期に咲くのは、未だ動きの鈍い蜂や蜜を求める昆虫たちを元気付けるのに違いない....、この半病人の私も含めて!

Pマンサク.jpg
マンサク、名前の由来は「豊年満作」からと、春に「先ず咲く」がなまり、マンサクにの説があるそうです。花の形がユニークで一度見たら忘れられない。

P雪やなぎ.jpg
ユキヤナギ、3月になったらまとまって沢山咲く花で、一輪のみ咲いていた

Pフサアカシアa.jpg
フサアカシア(別名:ミモザ)、比較的大きな樹で、黄色の花を「これでもか!」と咲かせているので目立つ、でもこの樹はあまり見かけない。皆さんのお住まい近くで見かけます?

Pフサアカシアb.jpg
フサアカシアの花、小さなボンボリみたいに可愛らしく咲いている

Pサンシュユの樹.jpg
サンシュユの樹、桜と同じように葉に先立って花が咲く(2月24日追加しました)。

Pサンシュユ花.jpg
サンシュユの花、袋のようなものが、はじけて咲く。よく見ると、この花も可愛らしく咲いている(2月24日追加しました)。

<おまけ>
Pジョウビタキ.jpg
ジョウビタキ(メス)、サッと飛んで来て、サッと飛び去って行った。メスなので顔付きが優しそう...。


メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。